台湾祭-東京タワー行ってみた!

スポンサーリンク

Round trip30

東京タワーの駐車場で催されている台湾祭に行ってきました。目的は果物をお得に手に入れること、それ一本です。

入場料は

パイナップルドリンクとトートバック付が800円

生ライチとトートバック付が900円

もちろん生ライチ付きにしましたよ。生ライチはつい先ごろ日本に到着したようで、日本では滅多に見かけないので(高級果物店は別)貴重でした。

これが入場特典の生ライチです。同じ物が700円で売っていたので、実質入場料は200円ということになりますね。早速その場でいただきましたが新鮮で美味しかったです。(^^)

尚、季節にもよりますが、ライチは台湾で1斤(600g)80台湾元(約320円)位で手に入るようです。今回の物は600gもあるようには思えませんので、台湾なら同様のものが半額か1/3程度で手に入りそうですね。(^^)

話題の台湾パイナップルも並んでいましたよ。

八百屋さんで見かけるフィリピン産パイナップルに比べてやや小ぶりな感じですが、2~3人で食べるのにちょうど良い大きさです。台湾パイナップルは芯まで食べられることで知られています。捨てるところが少ないのは嬉しいことですね。(^^)

今回800円で売っていたので一つ購入しました。噂通り芯も柔らかくて美味しかったです。舌がぴりぴりすると言う方もいらっしゃいますが、今回はまったくそのようなことはありませんでした。(一人で全部食べました)(^^;

ネットで調べたところ、1.2Kgの台湾パイナップルが果物屋さんで39台湾元(約156円)との情報を見つけました。日本でフィリピン産パイナップルが300円程度とするとこれは安い。関税や輸送費、そして、間に業者が入れば入るほど、商品は高くなります。やはりパイナップルも台湾で買えば数分の1の価格で手に入りそうです。台湾ではコンビニエンスストアや夜店でカット果物が売っているとのことですが、少し割高だそうです。果物店で量り売りしているのがリーズナブルなようですね。老後の周遊生活の中で果物に彩られた生活をするなら、行先に台湾を加えたいものですね。(^^)

はい、果物だけではなんなので軽く食事も致しました。(^^)

並んでいる人が少なかったこのお店で、台湾麺線と麻辣臭豆腐をいただきました。

台湾麺線

麻辣臭豆腐

あまり人が並んでいなかったのは、お店の看板に「辛」「臭」の文字が強調されていたからでしょう。私個人としては辛さはともかく臭さはほとんど感じませんでしたね。どちらも美味しかったです。パクチーが苦手な方は頼めば抜いてくれます。(^^)

さて、こういう催し物に行くと現地情報が手に入るのが嬉しいですね。今回も台南市観光地図をいただいてまいりました。

かねてより周遊生活をするなら台南市に滞在したいと思っていた私にとっては嬉しいいただきものです。現地情報ばっちり勉強させていただきます。台南市は果物栽培農家が多い様で、もしかしたら台湾の他の地方よりも果物が安く手に入るかもしれませんね。老後年金暮らしになったら、安さの追求は必須です。周遊候補地として私にとってかなり右に位置する街なのはそんなわけですね。

台湾祭のホームページアドレスは以下となります。今回ご紹介した食べ物以外にも台湾の食べ物屋台出店多数、フルーツの乗ったかき氷等の夏向けスイーツやフルーツドリンクも色々あります。

この数倍の屋台がありますよ!(^^)

他にも台湾の物産や占い専用スペースなど、楽しめる催し物だと思います。東京近郊にお住いの方はぜひ足をお運びくださいませ。(^^)

東京タワー台湾祭2021初夏 

スポンサーリンク

台湾祭-東京タワー行ってみた!

一番最初の記事の戻る↓

ご挨拶

コメント